HOME > ブログ一覧 > ビストロと炊飯器で料理の腕をさらに磨く! 第2回「男塾」開催しました!

ビストロと炊飯器で料理の腕をさらに磨く! 第2回「男塾」開催しました!

今回は美味しいご飯と中華&イタリアンに挑戦!

 

昨年開催したeコードグループ男性メンバーの料理の腕をあげるプロジェクト「男塾」では、スチームオーブンレンジ「ビストロ」を使用して、さまざまな調理方法を使った料理を作ってもらいました。

実際にスチームオーブンレンジを使用したことで、今までよりもさらに分かりやすくお客さまにおすすめできた!……という感想が多かったため、8月30日に第2回男塾を開催しました!

 

浜松市浜北文化センターの料理工房には、料理の腕に覚えなしのeコードグループの男性スタッフが集まってくれました。

男塾塾生

▲レンジは使うよりも売る方が得意な塾生が集まりました


 

今回は、前回に引き続きスチームオーブンレンジ「ビストロ」を使用した「ワンボウルクッキング」と、最新の炊飯器を使った「美味しいご飯の炊き方」を学びました。

 
 

ワンボウルクッキングでは、ナポリタン麻婆豆腐に挑戦しました。

 

最初はナポリタンを作ります。

具材を細かく切り、水と油を入れたボウルにパスタを投入し、その上に具材を乗せます。ボウルにラップをふんわりとかけてビストロへ。あとはタッチパネルで料理番号とパスタの太さを選んでスタート。

加熱が終わったら全体を混ぜ、ナポリタンソースを混ぜてソースをなじませると完成!調理開始からたったの20分で一品目のナポリタンが完成しました。

ナポリタン作り1

▲パスタと具材を入れて加熱します


ナポリタン2

▲加熱が終わったら手早くソースとなじませて完成!

 

つづいて、麻婆豆腐を作りました。

最初に冷凍のひき肉をビストロで解凍します。
今までのオーブンレンジでは、ひき肉の塊を解凍すると周りは火が通ったように白くなっているのに、中心部はまだカチカチに凍っている……という経験はだれにでも一度はあると思います。

しかし、ビストロの解凍機能なら解凍不足や過熱部分はなく、パラパラとほぐれるひき肉に解凍してくれます。

ひき肉もパラパラに解凍できます

▲ひき肉がパラパラに解凍できました


 

パラパラに解凍できたひき肉をボウルに入れ、片栗粉をまぶして豆腐を投入。麻婆豆腐のタレをかけて、あとはビストロにお任せ!

調理が終了するまでに洗い物していると調理完了の合図。あとはボウルを取り出し優しく混ぜるだけで、二品目の麻婆豆腐も完成しました。

麻婆豆腐1

▲パラパラのひき肉と豆腐とタレを入れて加熱します

麻婆豆腐2

▲加熱が終わったら豆腐が崩れないように優しく混ぜて完成!


 

実はこれまでのビストロシリーズでも「とろみ」のある調理は温度管理が難しく、中心が焦げたりボウルに食材がこびりついたりすることがありましたが、最新のビストロではとろみのある料理も「とろみセンシング」機能でさらに簡単になりました。

 
 

麻婆豆腐があるなら、やっぱり白い炊きたてご飯は必要ですね。

というわけで、最新の炊飯器を使った美味しいご飯の炊き方も教えてもらいました。

 

スーパーなどで一般的に売られている精米してから時間がたったお米を「乾燥米」と呼ぶそうで、その乾燥米をいかに美味しく、まるで精米したてのお米のように炊くかを、お米の研ぎ方から学びました

 

この美味しいご飯の炊き方は、ぜひ直接「男塾塾生」のeコードグループ男性スタッフに聞いてみてください。今までの炊き方に一工夫で、ご飯がさらに美味しくなると思います。もちろん新しい炊飯器の購入もご一緒に検討してください!

ご飯を炊く係

▲美味しいご飯の炊き方、お教えします!

この日はお弁当の準備がないため、料理はあっという間にすべて男性スタッフのお腹の中へ。出来立ての料理をハフハフ、もぐもぐと美味しそうな様子が印象的でした。

ビストロと炊飯器を使いこなしつつある男塾では、さらに料理の腕を磨き、お客様に自信を持っておすすめするために日夜勉強を続けていきます!

 


 

eコードグループ各店では、ビストロやIHクッキングヒーターなどの最新調理家電を使った体験イベントを随時開催しています。開催日時やお住いのお困りごとやご相談は、お近くのeコードグループの各店舗、もしくはお問い合わせフォームへお問い合わせください。

ページトップへ